×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOEIC「Part3」徹底攻略!!

ひっかけ問題を見極めろ!

ひっかけ問題を見極めろ!

 

 

 

TOEICに限らず、多くのリスニング問題には「ひっかけ」が存在します。

 

 

実はTOEFLは世界向けに作れているのに対して、TOEICは日本向けに作られています。

 

 

つまり、日本人が間違えやすい問題が作られているのです。

 

 

例えば

 

 

  • 日本人が間違えやすい音や引っかかる音をわざと入れられている。
  •  

  • 出題側によって日本人が間違って覚えている英語を分析されている。
  •  

  • 聞けていないのに、聞けたふりをするケースをひっかける音のための音をわざと入れている。

 

 

などなど、、、

 

 

でもこれは裏を返してしまえばこれらの点を意識して選択肢を選ばなければいいんです。

 

 

例えば

 

 

会話文などにプラットフォームという単語が聞こえた場合、

 

 

似た音が入っているplatform,home,formなどの選択肢は答えになる可能性が低いのです。

 

 

日本人はこのような問題に引っかかるなと思われているのですから逆にこのような問題で引っかけようとしているなと思いながら設問な

 

 

どに目を通し、会話文を聞くことで対策することができるのです。

 

 

極端に問題が分からなかった時には

 

 

会話文の中に一つも出てこなかった単語を含んでいる選択肢を選ぶのも一つの手かもしれませんね。

 

 

ひっかけを意識してうまく回避しましょう!!


公式問題集をひたすら解け! Part3は2パターン攻略法を使え! ひっかけ問題を見極めろ! Part3練習問題動画